ブログ

2018/10/12

株式会社神組グループの有限会社神工建設について

今回は、株式会社神組のグループ会社の紹介をしていきたいと思います。

 

株式会社神組は、型枠工事業を中心に行っております。

 

その中で、コンクリートで柱などの建築物の基礎を作っていく際には、型枠パネルという板のようなものが必要になります。

 

生コンクリートを流し込むためには、必要不可欠なアイテムです。

 

その型枠パネルは、用途により、使用頻度が変わりますが、ベニヤ板(型枠塗装合板と桟木で構成されているもの)は型枠工事業ではよく使われます。

 

その型枠のベニヤ板の型枠塗装合板は、消耗品であり、毎回、新品の型枠パネルを使うと膨大な金額になります。

 

また、その型枠塗装合板だけを張り替えて、再利用しようと思っても、従来は手作業で行うということもあり、時間対効果が悪く、結局、新品の型枠パネルを使用されているケースが多かったです。

 

 

そんな型枠工事業の悩みを解決するために、株式会社神組のグループ会社である有限会社神工建設は、再生型枠パネル事業でベニヤ板の型枠塗装合板をはがす機械を作り、半自動で、張り替えて、再利用できる仕組みを構築しました。

 

そんな有限会社神工建設について、簡単にですが、ご紹介させていただきます。

 

 

ベニヤはがし機を開発した有限会社神工建設について

 

 

有限会社神工建設は主に、再生型枠パネル事業を行っている株式会社神組のグループ会社になります。

 

型枠工事業の方々の資源の再利用かつコスト削減をしていくために、型枠パネルのベニヤはがし機という「ペラペラくん」を開発し、その機械を作ったことで、手作業でペニヤ板の型枠塗装合板をはがしていたものを機械で簡単にはがせるようになりました。

 

有限会社神工建設のホームページは「こちら」

※動画などでどういう仕事かがわかるので、一度ご覧ください。

 

細かい詳細についてはまた記載していきたいと思いますので、宜しくお願いします。

 

 

 

TOP